スハダコスメチックス|スキンケア シリーズ

トップページ  会社概要  特定商取引に基づく表記  ご注文方法  商品一覧  バスケットを見る  お問合せ  メールで問合せ

化粧品成分メモ

>>スハダ美容研究所化粧品成分表

化粧品成分メモ
● 着 色
赤色○号、黄色○号という名前を聞いたことがあるでしょう。これらは合成色素。お肌のケア機能はなく、製品の色づけのために使われているものです。合成色素には、人体に影響を及ぼす種類のものもあるので、使用しないのがベスト。スハダの製品に、着色の表示はありません。
● 殺 菌
微生物やバクテリア、カビなどから製品自体を守るために使われる殺菌剤の中には、不要な菌類以外のものにも影響を与えるため、使用が禁止されたものもあります。スハダでは、お肌を守るために配合しているハーブやエッセンシャルオイル、植物性の天然成分が、製品そのものの殺菌の役割も果たしています。
● 洗 浄
汚れや老廃物を洗い流すために用いられる合成洗剤は、石油化学物質から作られるもので、微生物を分解させにくいため、地球環境に悪影響を与えます。また、お肌にやさしいものではなく、発ガン性物質を作る可能性もあります。表示指定成分の洗浄剤を含んでいる製品には、注意しなければなりません。スハダの石鹸、クレンジング、シャンプーに含まれている洗浄成分は、自然成分から作られている植物成分なので、微生物を分解しやすく、お肌をいたわりながら洗浄します。
● エモリエント
お肌にうるおいを与え、なめらかにすること。お肌にもともと備わっている皮脂に近い成分が最も使用に適しています。鉱物油やその誘導体はお肌には吸収されにくいうえ、皮脂の自然な分泌を妨げます。スハダでは30年にわたり、お肌の皮脂に近い、独自のエモリエント成分を開発しています。
● 乳化剤
化粧品の水分と油分の混合を保つために用いられる乳化剤は、合成界面活性剤などの合成化学物質。しかし、これらの中にはアレルギー反応を起こす原因となるものもあり、使用しないにこしたことはありません。スハダの製品には、危険性の高い合成界面活性剤の類いを一切使用していません。
● 着 香
化粧品の1個箱の全成分表示に「香料」と表示されていることがあります。スハダでは、ごくまれに肌トラブルが起きやすい原因になるため、安全性を考慮し、すべての製品に香料は配合していません。
● モイスチャー
水分補給剤として用いられる合成化学物質プロピレングリコールは、アレルギー反応を起こすものとして表示を指定されています。お肌のうるおいを補うはたらきはありますが、お肌に直接つけるものとしては避けたい成分です。スハダで使用している水分補給成分は、植物グリセリン、パンテノール、天然ビタミンEなど。もちろん、指定成分は含まれていません。
● 防 腐
合成化学物質を含んだ化粧品は、微生物やバクテリア、カビなどに弱いため、強力な防腐剤を含んでいます。最もよく使われる防腐剤はパラベン。これは、製品の品質を保つためだけに用いられているもので、アレルギー反応や皮膚炎などを引き起こす可能性の高い表示成分です。スハダでは、天然の防腐効果のある成分を優先して使用し、防腐剤は、肌に負担のかからない最小限の範囲で使用しています。


TOP

CopyRight © 2006 Cosmedia Japan. All rights reserved.
お電話でのお問合せは0120-61-8989、FAXでのお問合せは0120-61-8986
エステパック

ラヴィソワール

美容原液

栄養補助食品

配送方法
宅急便コレクト 代金引換

ご利用可能カード一覧